毎日自宅でインターネットを利用するなら、ADSLより光回線を導入するのが理想です。
光回線は、圧倒的な速さでインターネットの快適性を高めてくれるので、今や主流の選択肢となっています。
自宅は勿論オフィスでも導入されていますし、プライベートだけでなく仕事にも使えるほどです。
戸建てを始めマンションでも快適性が得られますから、インターネット回線は光回線が人気です。

ADSLは古い仕組みに基いているので、それなりの通信速度は得られても、やはり光回線には負けます。
その点光回線はインターネットにおける理想で、他の仕組みを圧倒する速度が出るのが魅力といえます。
モバイル回線でも高速なサービスは増えていますが、まだまだ安定性や最高速度では負けています。
そもそも仕組みの特徴や用途が異なるので、モバイル回線を自宅用にするのは、複数の意味で残念な使い方です。

例えば、戸建てなら高速な光回線を直接引き込むことによって、ADSLやモバイル回線とは比べ物にならない速度が出ます。
それなのにADSLを選ぶ、あるいはモバイル回線に留まるのは、折角のチャンスをみすみす逃しているも同然です。
マンションなら建物あたりの契約数次第で、戸建てにはない割引が適用されるのも魅力的です。
Wi-Fi端末の利用目的でモバイル回線を選ぶのも間違いではありませんが、Wi-Fiなら光回線でも利用できます。
逆に安定性と高速性が増すので、自宅のインターネット利用なら尚のこと、光回線を検討するのがポイントです。

光回線は初回に工事費が掛かるものの、これはADSLも同様で大きな違いではありません。
むしろキャンペーンで工事費が無料になる、そういったプロバイダーの方が少なくないので、負担はそれほど大きくならないでしょう。
光回線ならプロバイダーの選択肢が豊富なので、一定の通信速度を維持しつつ、高速性重視やコストパフォーマンス重視で選べます。
ADSLはもはや過去の仕組みですから、新規受け付けを終了するプロバイダーや、そもそもADSL回線を取り扱わないプロバイダーも増えています。

時代は既に光回線が中心なので、今後のインターネットは光回線とモバイル回線の一騎打ちです。
光回線を提供するプロバイダーによっては、スマートフォンの料金が安くなる、スマホ割を付けている場合もあります。
スマホ割は文字通りスマートフォンの利用分がお得になりますから、インターネットの快適性と合わせて、相乗的に魅力が高まる素敵な特典です。
多数のプロバイダーは主力の光回線に力を入れているので、スマホ割もADSLではなく光回線に付けているケースが大半です。

光回線の通信速度はADSLよりも20倍速い

2Gbpsの通信速度を達成している光回線に対し、一般的なADSLは12Mbps程度と大きな差があります。
その差は20倍といった所で、数値上に加えて体感でも圧倒的な違いを感じさせます。

仮に50GBのファイルを移動しようとする時、前者は約3分強の時間で完了します。
一方のADSLだと理論上最短でも1時間10分は掛かる計算です。
モバイル回線でも10分未満で済むので、この時点でADSLに優位性はない状況です。
これは20倍という速度以上に大きく時間差が生じる違いだと分かります。

ここまで巨大なファイルのやり取りをしなくても、気軽なインターネットのブラウジング程度ですら、塵も積もれば山となります。
一度この速さを体感すると戻れなくなりますから、光回線を利用したことがない人でも、ADSLとの間には明らかな違いがあるとが想像できるはずです。
20倍の速度差が生じるのはあくまでも、差が最大に近く大きくなった場合ですが、そこまでではなくとも無視できない差があるのは事実です。
通信速度の差と比べて、月額費用はそれほど開きがありませんから、断然光回線を選ぶ方が満足できる結論に至ります。

光回線の快適性は、ADSLよりも速い通信速度と共に、レスポンスの速さも異なる体感に結び付いています。
レスポンスとは、通信を開始してから反応が返ってくる速度のことで、時間が短いほど体感が速くなります。
レスポンスはリアルタイム性が求められる用途、つまりゲームの際に最も重要となる項目です。
つまりインターネットでオンラインプレイを楽しむゲーマーであれば、光回線を押し退けてADSLを選ぶ理由はないでしょう。
ADSLはその仕組み上、通信時にエラーが発生しやすく度々再送が必要になるので、レスポンスは遅くゲームには向きません。

光回線は安定している

光回線がこれほどの高速化を実現できている理由は、まさにエラーが起こりにくい安定した通信品質にあります。
当然ながらエラーが全く発生しないとは限りませんが、それでも無視できるほど発生率が低いのは本当です。
光回線には通信の安定性という強みがあるので、インターネットの利用における快適性は、実質的に通信を行う相手の状況によります。

幸いなことに光回線は主流となって日本全国に普及しています。
国内で快適に通信できない相手はいないといえますから、何時でもインターネットがサクサク楽しめるでしょう。
高速な光回線の真価が発揮されるのは、物理的に距離があって速度が低下しやすい海外サイトの利用時です。
低下は免れないにしても他より速い速度が維持できますし、レスポンスも必要十分なので、国内と遜色がない位に快適です。